2012年08月11日(Sat)

  • 08:18  箕面市議会議員選挙も明日が投票日。期日前投票も伸びてる模様。それぞれ選挙での意思表示を必ずお願いします!…特に20〜30代の投票率の劇的な低さは不安です。政治不信は理解しますが、それを変えられるのも意思表示から。 → http://t.co/oyzrbSFH (大阪市のデータ)

  • 12:35  名前の連呼しかない選挙っていかがなものか…僕も同感。でも今の公職選挙法では、選挙期間中は実質的にそれしか許されない。印刷物も配布ダメ、ウェブも更新ダメ、残る手段は拡声器と選挙カーと握手だけ。公選法を変えないと政策選挙がありえない。でも公選法を変えるには、それを掲げた選挙が必要か。

  • 12:53  選挙期間中は拡声器とかしか許されないから、大事なのは選挙期間に入る前までの政治活動。まあ、そこが本来の議員の仕事でもあるので、当然といえば当然だけど。…ただし実績ばかりだと新人には超・不利で世代交代しなくなる。だから選挙期間中にも政策を(騒々しくなく)伝えられる手段がやはり必要。

  • 13:10  ビジネスに比べると、 政治に携わる者は、普段から「ユーザ(住民)に伝える努力」の水準が低いのは間違いない。ユーザ(住民)に立脚してる以上、その努力がないと政治は成長しない。悪いのは公選法ばかりではなく、普段から継続的に伝える努力がもっとあってこその選挙、とも思う。自戒も込めて。

  • 13:23  それもまったくその通り。異論ありません。結局、最後は人なので。 RT @mamagon35 政策、持論、考え方も大事やけど、本人を見るのも大事な情報やとおもう。伝わる、感じる物があると思います。  [in reply to mamagon35]


Powered by twtr2src.
posted by 倉田哲郎 at 01:36 | Tweet