2011年03月16日(Wed)

  • 00:03  とても考えさせられる体験談。現地にボランティアに…と思ったら一読する価値あると思う。 → 「被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ〜僕の浅はかな経験談〜」 http://j.mp/hEPYKH

  • 07:36  @eikokuko いてもたってもいられない気持ちはみんな同じです!僕もいろいろもどかしくてたまらない。でも、がんばりましょう。

  • 07:36  @anpojyuzo 普通、あまり言いたくないであろう正直な反省をこめた体験談…こんなメッセージの発信も含めて、今回はいろんな人の力が少しずつでも役立ってるような気がします。社会は、阪神淡路の頃よりも確実に進歩してると思いたい。

  • 07:38  箕面市消防本部から岩手県に緊急消防援助隊として送っている第二次派遣隊ですが、今朝、野営地は20センチの積雪とのこと。…とても厳しい環境。気をつけて、がんばれ、とつぶやくことしかできないけれど、支援隊も被災者も、少しでも無事でありますように。

  • 11:46  @miyakomama ありがとうございます!道路からわかるように対応します。  [in reply to miyakomama]

  • 12:11  豊能町長によれば、現地入りした豊能町の水道部隊は、給水車のタンクに盛岡市で水を入れて、およそ100キロ離れた陸前高田市まで輸送する、という活動を繰り返してるとのこと。一番近い水の供給源が100キロ先という事態からも、水不足の深刻さが伝わってつらい。

  • 13:07  今日の午後、今井京阪神運輸さん(@箕面市船場)のご協力で、箕面市独自で救援物資を岩手に送り出します。社協ボランティアセンターに救援物資をご寄付いただいている皆さん、本当にありがとうございます!なお、箕面市の災害備蓄倉庫の物資も開放して積み込んで送り出します。

  • 13:50  @sacibi 献血は設備がいるので日本赤十字。直近、箕面市にバスが来るのはヴィソラに19日(土)、市役所に24日(木)。詳細→ http://j.mp/g4K6dR …ただし血液製剤は有効期限あるので、献血が一時期に集中すると逆に供給不安定に。落ち着いて時期をみながら協力を。  [in reply to sacibi]

  • 15:08  先ほど、箕面市の社協ボランティアセンターで義援物資をつめこんでトラックが発進。すごい量で、積むのも大変。昨晩は、社協ボランティアの方々が大量の物資をわかりやすく箱詰め、感謝です!そしてご寄付いただいた方々、感謝です! http://twitpic.com/49xzqx

  • 16:16  震災に配慮して、関西でも式典・イベントを中止・自粛する例が目につくけれど、僕は大反対。せっかく人が集まるイベントは、大きな義捐金を募る絶好の機会。むしろチャリティ化してやるべき。被災せず日常がまわっている地域だからこそ、笑顔で支援を募ることも、僕たちにできることの一つだと思う。

  • 18:42  あれ!そうだったんですか(笑)。おつかれさまでした! RT @notta4461 市長さんも荷物リレーに参加してくださってありがとうございました!(隣で受け取ってたのが私です)

  • 18:44  イベント中止・自粛反対のツイートへの反応、感謝です。勇気でました。笑顔でできることがんばりましょう!

  • 18:48  検討はじめてます。箕面市の場合、もともと市営住宅の規模が小さいので、大規模市のような直接の大型受入れは難しいんですが、宿泊可能な施設での受入れや、期間限定ホームステイ方式など、悩んでるところです。 RT @yumix56 被災された方々の受け入れとかは検討されてないですか?

  • 18:53  @iriirichan ありがとうございます!  [in reply to iriirichan]


Powered by twtr2src.
posted by 倉田哲郎 at 02:12 | Tweet