2011年03月15日(Tue)

  • 07:50  役職でいえばどんな仕事にも限界がある。役職が限界をつくるんじゃなく、その人が限界をつくる。それぞれめいっぱい役割を果たす努力をしてこそ、世の中はまわると思う。…この人はいったい何がしたいんだ?腹がたった。 http://j.mp/ejU6WF 東国原氏=大震災で「首長の限界痛感」

  • 07:56  昨日のニュースでは「救助された1万2000人のうち9700人を自衛隊が救助」、今朝のニュースでは「14日までに1万5900人を自衛隊が救助」とのこと。日々の暮らしの中での警察・消防や、国境で体はってる海上保安庁など、たくさんの人たちの身を投げ出す仕事があって、僕たちの安全がある。

  • 12:51  今しがた、箕面市の稲治造園さんから100万円の義援金をお預かりしました。責任もって日本赤十字に届けます。たくさんの個人の方々の義援金も大きな力になりますし、法人の義援金も力になります。ありがとうございます。

  • 12:53  大阪府とかでまとめて物資を搬送する動きもあるんですが、正直、横並びで待ってると遅くて機を逸するので、(企業さんのご協力申し出などもあり)箕面市独自で物資を搬送することも模索・検討中。(もちろん、現地に迷惑のかからないように受入れ自治体と確認をとってからします。)

  • 13:24  @0tuzak はい、受け入れ先探すのに、いろいろ悩んでます。  [in reply to 0tuzak]

  • 13:26  僕たち遠方の小さな自治体の力なんて、焼け石に水かもしれない。でも、たとえ小さな雨粒でも、雨になったら焼け石だって冷える。がんばるぞ。

  • 22:15  @eikokuko 気持ちはわかりますが冷静にお願いします。阪神淡路で、古着は最も扱いに困った物の一つ。ニュースでは他にも不足品はいくらでも発信されています。今はまだ搬送ルートも不安定。輸送&現地に負荷がかからないよう、確実に無駄にならないものを選んで集めて優先して送るのが先決。

  • 22:19  箕面市船場にある今井京阪神運輸(株)さんの申し出により、なんとか明日、箕面市独自で救援物資の第一陣を送り出せそうな見通し。今回の受入れは大阪隊が支援に入っている岩手県釜石市と調整がつきました。社協にご寄付いただいた救援物資と、箕面市備蓄の食料・水・毛布など10トン車両満載で。

  • 22:32  @notta4461 ありがとうございます!がんばりましょう!  [in reply to notta4461]

  • 22:39  義援物資でも集まりにくい(=あまり家においてない)ものは、確実に現地でも足りない。だから直近で必要性が高いし、絶対に無駄にならない。遠隔地で普通に暮らせている僕たちに、まずできることは、特にそういうものをなんとか集めて送り込むこと。

  • 23:30  @mari_tana 一番はやはり日持ちのする食料品でしょう。それと、少ないニーズゆえに足りないとよく耳にするのは粉ミルク。あと、水。食べるものは日々消費されてく一方。  [in reply to mari_tana]

  • 23:34  つい先ほど、箕面市消防本部が第一派遣していた消火隊・救急隊8名が帰還。何人か、声がガラガラだった。…本当におつかれさまでした。まずはとにかく家に帰って体と心を休めて。

  • 23:39  @matsubaya ありがとうございます。さっき連絡がついてホッとしました。  [in reply to matsubaya]

  • 23:49  @chickenlov ありがとうございます。被災者の受け入れは今後でてくると思いますが、まだ、今はそこまで整理ができていません。おそらく現地でも。もう少しお待ちを。  [in reply to chickenlov]


Powered by twtr2src.
posted by 倉田哲郎 at 02:12 | Tweet