2010年05月18日(Tue)

  • 13:19  @miz0_0miz 昆虫館しか収益がないってのは誤解ですよ〜(笑)。昆虫館しか入場者数をカウントしてないので数値速報が昆虫館になってるだけです。駅南側の商業者の方から「スッゲー人が来て驚いた!」って聞いてるので、経済効果はもうちょっと広範に出てるはず。  [in reply to miz0_0miz]

  • 13:20  @miz0_0miz 水道のクレジット払い。僕も電気・ガスをクレジット払いしてる派なので個人的には理解します。…が、クレジットの手数料は1%〜数%。これが問題。・・・140文字制限って難しいですねぇ。今から2〜3回にわけて書きます。  [in reply to miz0_0miz]

  • 13:20  @miz0_0miz クレジット決済は、お客さんが便利になるよう導入して、お客さんを増やして収益を上げる…っていうのが普通のお店の導入インセンティブ。「客=全市民」と固定されてて顧客が増減しない各市の水道事業では、収益が上がらず、利便のためのサービスコスト増にしかなりません。  [in reply to miz0_0miz]

  • 13:20  @miz0_0miz すなわち、将来、総収入の1%〜数%が、サービスコストとして消滅するだけになってしまう…これは経営上の脅威。余裕があったらやればいいんですが(だったら料金下げろって気がしますが)、ヘタすると水道料金に転嫁しなければならなくなるという本末転倒の事態も。  [in reply to miz0_0miz]

  • 13:20  @miz0_0miz サービスの便利さの向上というメリットのために全顧客に提供するにはコストが大きすぎてリスクがありすぎる。方法としては、クレジットカード利用者から手数料をとるというのはありえるかもしれませんけど…それってどうでしょう。悩むところ。  [in reply to miz0_0miz]

  • 13:21  @miz0_0miz あと、便利な収納サービスを行政が導入する全般論でいくと、滞納率が比較的高い債権について、コストをかけてでも便利に(収めやすく)して、滞納率を下げるってのはありえます。それでもコストの大小は悩みどころ。クレジットカードより手数料の低いコンビニ収納なんか有力。  [in reply to miz0_0miz]

  • 13:21  @miz0_0miz 「客=全市民」という各市の水道事業の構造。水道料金は(ライフラインゆえと思いますが)比較的、滞納率が低い現状(キチンと収めていただいている方ばかり)。加えてクレジットカード決済の手数料の高さ。これらが水道事業でクレジットカード決済が進まないハードルかな…と。  [in reply to miz0_0miz]

  • 13:25  @miz0_0miz 長くなっちゃいました。個人的には同意するんですが・・・そんな実状で、単なるサービス向上のために導入に踏み切るって判断ができていません。なにか良い方法があればなぁと、いろいろ考えたりもするんですが…。  [in reply to miz0_0miz]

  • 13:27  @m1a1r3i こちらこそ、ありがとうございます!嬉しいです。  [in reply to m1a1r3i]

  • 13:31  実は、今日は東京に来てます。国の「障がい者制度改革推進会議」の「総合福祉部会」 http://j.mp/9Zokkk がはじまったところ。部会員として参加中。今日は、僕も含めて、各部会員からの発表が続きます。

  • 16:41  大所帯の会議をまとめるのってのは大変・・・。障がい者制度改革推進会議の「総合福祉部会」。いま座長・事務局から今後のまとめ方が示されている最中。・・・むー、大丈夫かな。・・・いや、まとめなきゃいけないんだけど。

  • 16:43  僕もさっき発表させてもらったんですが、その後の休憩時間に、面識のなかった部会員の方が何人か来てくれて、「よかった、一緒にがんばりましょう」って声をかけてくれた。こういうの嬉しいですよね。励みにもなるし。

  • 16:50  障がい者制度改革推進会議の「総合福祉部会」。55人の大所帯で結論をまとめていかないといけない状況ながら、やはり一筋縄ではいかず・・・。うーん、心配。とはいえ座長&事務局も善戦。がんばれ。


Powered by twtr2src.
posted by 倉田哲郎 at 04:06 | Tweet