2009年11月18日(Wed)

  • 15:36  今日の北摂市長会(北大阪7市の市長会)に知事がくるはずだったんですが、お子さんの新型インフルエンザによる公務取りやめで中止。伊丹空港バトルのはずだったので、身構えると同時に、少々楽しみにしていたのに残念。

  • 17:13  富くじ発祥の地“瀧安寺”など秋の滝道はイベント満載 http://ff.im/-bDkXQ

  • 19:29  北摂市長会が終わった。副知事がメッセンジャーとして橋下ペーパーを持ってきた。うーん・・・。

  • 20:30  橋下ペーパー。関空・伊丹空港問題について、初めて紙になったものが出てきた。ただし政治家“橋下徹”としての案とのこと。やはり時系列は、中央リニア&関空リニア整備と同時に伊丹空港廃港→関空ハブ化。それまでの間、僕の持論の「関空・伊丹の一体経営」が入ってるのはブログ読んだ(笑)?

  • 20:33  たしかに関空・伊丹の一体経営、中央リニア整備完了、関空リニア整備完了という、すべての状況が整うならばプランとしては理解はできる。でも30年以上かかるこのプランを「橋下徹」だけが言っているうちは箕面市長としては賛同できない。府や国や組織として意思決定して継続していく体制でないと。

  • 20:39  今はまだ実現可能性のまったく不明なプラン。個人としてはワクワクするおもしろいプランと思うけれど、箕面市を背負う立場からは易々と賛同できる次元ではないと思う。組織的に保持する継続的なプランにまで持っていけるかどうか、政治家「橋下徹」の腕の見せどころかもしれない。

  • 22:06  今日の北摂市長会は、「僕はメッセンジャーなので」という副知事が「橋下ペーパー」だけ持ってくるという、なんだかなぁな展開。他の市長もみんなどうしていいものやら困惑気味。「伊丹廃港」の発言だけ先走っている知事の考えが、まとまった紙が初めてでてきただけでもよしとすべきか・・・。


Powered by twtr2src.
posted by 倉田哲郎 at 04:14 | Tweet